2012年09月06日

本田圭佑

今日の日刊スポーツの一面に、サッカー日本代表 本田圭佑の言葉が載りました。

「今の日本をどう思うか?」という質問に答えたものです。

スポーツ選手が、こうした主張を公にするのは珍しいですし、
この前もオリンピックで韓国選手が政治的パフォーマンスをしたとして、
メダルを未だ授与されていないなど、タブー視されている面もあります。

ただ、オリンピックは、その理念から政治的パフォーマンスをするべきでない場
であり、明確なルールでもあるので非難されて当然です。

そうした政治的パフォーマンスとは別次元で、一国民として意見表明することは
大いに賛成します。

日本の主権者は国民です。

国民である以上、政治に参加するのは権利であり、選挙の一票に限定されるもの
ではないはずです。

むろん発信力のある人間の発言は、責任をもってしなければなりませんが、
今回の本田選手の言葉には、重みを感じました。

気になったところをピックアップすると、

「今のオレたちは何も築いていない。先人の財産を使ってきただけ。
 感謝して、今からもう一度、頑張らないといけないんじゃないか。
 それなのに、浪費した揚げ句、責任のなすり合いが、
 どの場面どの分野でも繰り広げられているように見える。」

「そろそろオレたちの世代が、本物を評価される時代をちゃんと作り出される
 べきだと思う。
 本物の定義・哲学を若い人たちがそれぞれ持っていないといけないと思う。」

「オレがいう本物とは政治家のことであったりする。
 彼らは税金から給料を得ているわけだし、本物であるべきだと思う。」

「オレの価値観では、平和というものは自分たちの手でつかみ取るもの。
 本物とは何かということに対して、もっと真剣に考え、
 議論する必要があるんじゃないか。」

素直に賞賛したいところは、日本の現状に危機感を覚えながらも、
嘆いて不満をぶつけるのでなく、今何をするべきなのかというビジョンを
語っていることです。

理想主義すぎる感はありますが、
若い人には理想や夢を語っていてもらいたいです。

多様な意見があってしかるべきであるし、議論は国会でのみすることでも
ありません。

主権者は自分たちであるということを棚に上げて、
責任を政治家のみにあるような論調は、正直気持ち悪いです。

本田選手の今回の意見は、内容としては賛否両論あると思いますが、
気持ちよく拝読できました。

正直に言えば、本田選手のことを、ビッグマウスだけれども
それに見合う努力をしている男としか認識していませんでしたが、
評価をかなり上方修正しました。

これからの本田選手の記事は、必ずチェックすることになりそうです。

タグ:本田圭佑


posted by うたかた at 20:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

空き家

我が家の裏手の2軒が春から 空き家になっています。

駅から近いなどの好条件でないところは、こうして空き家のままに
なっているケースも多そうです。

日本の不動産の景気を語るときに、新築一戸建てやマンションの売買などで
判断しているところもあるので、中古市場はあまり語られていない気がします。

今、空き家ビジネスが注目されつつあります。
空き家をリノベーション、つまり新しい価値をつけて生まれ変わらせるという
スタイルでビジネスとして成立させています。

おそらくは、そうした持て余した物件を抱えている人は、かなりいるにも
かかわらず、町の不動産屋では充分な相談ができていないと思われます。

だから、潜在需要はそうとうあるはずです。
リフォームの提案から、資金回収のプランまで、合わせて対応できる業者は
どれだけあるのでしょう。

また、地方では、空き家バンクなどで 空き家の活用を促進する流れがあります。
空き家というものを、荷物としてのマイナスから、資産としてプラスにする
ことができれば、オーナーにとっても有難いに決まっています。

ただ、立地条件などが良い物件は需要があるので、ビジネスとして提案は
難しくありませんが、地方ではそうもいかない事情もあります。

必ずしも都市圏に居を構えなくとも、買い物も不便を感じなくとも
大丈夫な時代になりましたし、仕事も内容によりますが、
在宅勤務できる割合が増えています。

地方への人口の分散という流れは、少しづつですが確実に環境整備
されています。

空き家ビジネス、空き家バンク、まだ規模としては小さいですが
将来的には注目していく価値は大いにあるとにらんでいます。

タグ:空き家


posted by うたかた at 16:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

反日教育から思うこと

韓国、中国の反日運動を見ていると、いろいろ考えさせられます。

反面教師としての役割は、充分にあります。

人間は、教育によってつくられる実例を目の当たりにすると、
自分の受けてきた教育にも思うところが出てきてしまいます。

ただ、反日教育は呪いだと思います。
ああいった負の要素を刷り込む作業を、自分が受けなかったことに
本当に感謝します。

教育というものの人生に与える役割の大きさを考えると、
日本という国の、教育に対するアプローチや議論が、場当たり的で、
本質よりも枝葉ばかりを気にしていると感じます。

将来への不安がささやかれていますが、
土台になる基礎工事をもっと、国民レベルで議論するべきと思います。

この国の将来を担っていってほしい人物像とは、どんなものか。
そのような人物に成長させるための教育は、どういったものか。
その教育を実践させるための環境整備はどうしたらよいか。
どう考えても10年20年のスパンで考えなければなりません。

こうした当たり前のことが議論されている場を、
残念ながら私は知りません。

タグ:反日


posted by うたかた at 00:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。