2012年08月13日

ロンドン五輪

ロンドン五輪、ついに終わってしまいました。

やっと寝不足から解放されると思うと、ほっとした気持ちもあります。

日本は、メダル総数が史上最多になったとか。

選手を含めた関係者の努力を思うと、心から拍手を送ります。

これまでもそうでしたが、これからも競技人口は増え、競技レベルも上昇することで
ますますメダル獲得の難易度が上がっていくはずです。

なでしこジャパンは たしかに すごかったですが、世界の女子サッカーの競技人口
を考えると、ほんとうに草創期でしかないと思われますし。

柔道も 競技の本質部分が変容したとはいえ、ここまで金メダルがとれなくなり、
マラソンにしても、世界との差を思い知っています。

そうした中で、結果を出せた選手は素晴らしいですし、結果を出せなかった選手にも
拍手を惜しみません。

最後に、いろいろ残念なことをしてくれた韓国選手の方々。
世界から見られていることが わかってやっているのだから理解に苦しみます。
少なくとも私の中では、ロンドンオリンピックの汚点として残りました。




posted by うたかた at 21:33 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。