2012年07月27日

茅田砂胡 トゥルークの海賊1

茅田砂胡さんの新刊「トゥルークの海賊1」を読みました。

新シリーズとなっていますが、今までの金銀天使と海賊シリーズ
をとおして読了している読者以外には、
まずさっぱり設定からしてわからない仕様になっています。

ずっとついてきているファンが対象で、新規の読者を開拓するつもり
もないのでしょう。

1としているように、いかにもなところで続くとなっています。
最近の作者からしたら珍しく、1巻完結ではありません。

そういう意味で、それなりに伏線はっているし、
それなりに楽しみな部分はあります。

ただ普通に感じたのが、あいかわらずキャラクターの価値観に
多様性が感じられず、もったいないなーというところです。

いろいろな背景をもったキャラクターを配しているのに、
いい意味での人間としての雑多な交流というか、ぶつかりあいや
異文化に触れてのカルチャーショック的な要素が
ないと思います。

それと、相変わらず 敵役が敵役といえるほどの存在感が
ないため、ストーリーとしての躍動感にどうしても欠けていると
思います。

そういう意味で、「デルフィニア戦記」は面白かったです。

再び、あのような傑作と巡り合うことを期待して、
また次の新刊も購入してしまうのでしょう。






posted by うたかた at 23:08 | Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

地震保険更新

地震保険の更新をしました。
火災保険とセットになっていて、地震保険単独の商品はありません。

火災保険は20年間のものに入っていて、
こちらはまだまだ更新は先ですが、地震保険は5年間が最長です。

よって5年ごとに、火災保険のみの契約にするか
地震保険とのセット契約を延長するか選ばされます。

地震保険は、税制上所得控除が受けられるという
若干のメリットはありますが、
その保障内容は、万一被害にあったときでも家が再建できると
いうものではなく、当座をしのげるという程度のものです。

それでも日本という国に住んでいる以上、
よほど困窮しているということでもなければ
地震保険を軽視することはリスクが かなりあります。

保険商品というものは、万が一の時も安心という イメージがありますが、
地震保険に限って言えば、別に安心といものではなく
ないよりあったほうが良いという程度のものだと思います。

払い損になるのが一番です。

ただ、火災保険の方のサービスで、
水のトラブルが30分までの作業なら無料というものがあり
こちらを それなりの頻度でありがたく利用させてもらっているのと、
風災被害の申請でかなり助かったという点で
払った分以上の見返りはあります。

最近は、保険商品も良いサービスがついていて ありがたいです。

タグ:地震保険


posted by うたかた at 21:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

橋下市長の不倫疑惑報道について

いまさらですが、橋下徹大阪市長の不倫疑惑報道について。

スポーツ紙で、どこかの政治評論家が今回のことで、
橋下市長のダメージが大きいとコメントしていましたが、
そうか〜?と反射的に思いました。

人気がある政治家であるのは、良き家庭人としての側面が
評価されていたからか?
そんなわけがない。
もちろん、そこが好きという人もいるでしょうが
クリーンなイメージを売りにしている政治家はいくらでもいます。

大阪知事時代の実績と、その実行力、発言内容の大胆さなどの
政治家としての資質が評価されているのであって、
良き家庭人としての側面は、評価のごくわずかな部分でしか
なかったと思います。

過去、女性がらみのスキャンダルが報道された大物政治家は
それなりにいましたが、結局イメージ以外にアピールできることが
できれば、一過性のものにしかなっていなかったとも思います。

橋下市長については、その強引な手法は、
個人的にははっきり好きではありませんが、
少なくとも多くの人に期待を抱かせることができている方です。

今までの言動を見る限り、そうそう下手な手を打つとも思えず、
今後も影響力を増していくと考えています。




posted by うたかた at 17:09 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。